トップに
戻る

観る・遊ぶ

勝浦朝市


天正の時代から400年以上続いている勝浦朝市は人々の暖かさに包まれています。長い年月に育まれ、昔も今も変わらず人情味あふれる勝浦の顔として、また、市民の台所として日常の生活にとけ込んできた朝市は、勝浦を代表する名所として多くの方に親しまれています。

☆本日の朝市出店情報はこちら  

 

asaichityusyajyou
HP:http://www.city.katsuura.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=29165
アクセス:JR勝浦駅より徒歩10分
駐車場:墨名市営駐車場(6:30~22:00)
          出水市営駐車場(6:30~20:00)
開催場所:毎月1日~15日は 下本町朝市通り/毎月16日~月末までは 仲本町朝市通りで
営業時間:6:00~11:00(天候によって変動あり)
定休日:毎週水曜日1月1日
トイレ:あり
問い合わせ先: 勝浦市観光商工課 観光商工係 0470-73-6641(直通)

 

朝市が始まったのは天正19年(1591年)。卯の年に開かれたといわれ、当時の勝浦城主であった植村土佐守泰忠(うえむらとさのかみやすただ)が農業・漁業の奨励とともに、勝浦根古屋(町の中心となるところ)でのみ農水産物の交換の場として開設したものと伝えられています。
当時は365日、いかなる天候でも朝市が開かれ、10日を区切りとして上本町・仲本町・下本町と場所を移動して開かれ、出店のために背負い篭・手車・大八車・馬車や牛車を使い、多くの品物を運んでいたようです。
時代とともに勝浦は、にわかに発展しはじめ、その様子は「勝浦三町江戸勝り」(三町とは現在の上本町・仲本町・下本町)といわれたといいます。
昭和30年代中頃からの自動車交通量の増加に伴い、場所を仲本町通りだけとした時期もありましたが、昭和62年11月から1日~15日までを「下本町通り」、16日~月末までを「仲本町通り」と分けて開くことになりました。
市内商店街の休日にあわせ毎週水曜日と年始を休みとして現在にいたり、今でもおよそ70軒の店が立ち並んでいます。出店時間は、午前6時頃から11時頃までです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

かつうら朝市の今が旬

今日ご紹介するのは“新里芋”です。
里芋といえば煮物ですね。
今が旬のイカとの組み合わせは最高です。
お味噌汁やけんちん汁の具としてもいいですね。
ちょっと色白でかわいい新里芋、ぜひご賞味ください。
勝浦朝市の新鮮な夏野菜を食べて、暑いこの時期を乗り越えましょう!
是非、勝浦朝市にお越しください。
※天候や状況により色、大きさ、仕入れ状況が異なる場合がございます。