八幡岬公園 | かつうら潮風散歩道|勝浦観光ポータルサイト
トップに
戻る

観る・遊ぶ

八幡岬公園

勝浦湾の東側に突き出た細長い半島。三方を海で囲まれた要害であるこの地には、勝浦城があった。徳川家康の側室で、水戸光圀の祖母にあたるお万の方の像が立ち、城址周辺は公園となっています。

住所:勝浦市浜勝浦
 
アクセス:JR勝浦駅より車で10分
駐車場:30台
トイレ:あり
敷地内施設:ベンチ・東屋・アスレチック・遊具あり。一部車いすでの入園可能
問い合わせ先:勝浦市観光協会0470-73-1658

八幡岬の先端三方海に臨んだ断崖に勝浦城址があります。築城時期については様々な伝承がありますが、城郭の形態をなしたのは、正木時忠からではないかと考えられます。それ以前は真里谷武田氏の出城か砦であったと考えられます。正木時忠がいつ侵攻してきたのかは不明ですがおおよそ天文8年(1539年)から天文10年(1541年)にかけてではないかと考えられています。
正木氏は時忠から時通・頼忠と続きますがが天正18年(1590年)小田原落城により関東が徳川家康の支配下に置かれるとほどなく植村泰忠に接収されることになります。現在、郭内、木戸脇、内宿、二のくら(廓)、三のくらなどの地名は残っていますが廓跡も八幡岬公園として生まれ変わり、お万の方の銅像が青い太平洋を見つめています。