トップに
戻る

観る・遊ぶ

勝浦宇宙通信所(JAXA)

勝浦宇宙通信所は1968年2月科学技術庁宇宙開発促進本部の「勝浦電波追跡所」として発足。旧宇宙開発事業団の設立と共にその一施設となりました。この宇宙通信所の主な業務は人工衛星の追跡と管制です。打ち上げられた人工衛星の位置や姿勢、積んでいる電子機器が正しく働いているかどうかを知り、状況に応じて衛星に対するコマンド(指令)電波を送信し、衛星を維持管理する役割を果たしています。

住所:勝浦市芳賀花立山1-14
電話番号:0470-77-1601
HP:http://www.jaxa.jp/
アクセス:勝浦駅より車で15分
駐車場:10台(大型車はご相談ください)
営業時間:10:00~17:00
定休日:年中無休(但し臨時休業有。施設HPをご確認ください)
料金:無料
敷地内施設:パラボラアンテナ(直径10・11・13m)/第1展示場(ロケット・人工衛星の縮尺模型他)/2展示場(宇宙開発に関するビデオ・アニメ・ゲーム等)/追跡管制棟/電力棟/コリメーション設備

見学者は年間5500~5600人・月400人は来場されています。家族の方、個人が多数。団体で来場の時は展示場ごとに20名位で案内しています。第2展示場のビデオは100タイトルあり自分で選んで鑑賞出来ます。もも1号は実物大の海洋観測衛星。施設ではイベントがあり、宇宙服を着る事が出来ます。(子供~大人までサイズ有)