トップに
戻る

イベント

勝浦大漁まつり

各地区の神輿が一堂に会する合同祭典や江戸後期屋台の引廻し、神輿の船渡しなど、漁師町ならではの威勢の良さで観客を魅了します。

開催期間:令和元年9月13日(金)~16日(月・祝)開催
 会場:墨名市営駐車場ほか市内各所
問い合わせ先:勝浦市役所観光商工課(平日のみ)0470-73-6641(直通)
                    KAPPYビジターセンター 0470-73-2500

初日『各地区の神輿の渡御』
      ・午後から、串浜区・浜勝浦区・墨名区・新官区・川津区・沢倉区、各地区の神輿の宮出し・渡御が行われ、神輿や屋台が『村回り』と称して、地区を練り歩きます。

2日目『合同祭典』
     ・14時30分頃から15時20分頃にかけて、墨名区の屋台を先頭に各区の小・中神輿、さらに大神輿が順に墨名市営駐車場の合同祭典会場に入場します。15:20分頃各区すべての神輿がそろい次第、大漁祈願祭が執り行われます。
       ・式典終了後の16時20分頃、屋台がお囃子とともに退場し、その後、神輿が退場、街中を練り歩きます。
         

3日目『江戸後期彫物屋台の引廻し』
      ・上本町・仲本町・下本町の屋台と出水区の山車が街中を引き廻され、交差点で4つの屋台と山車がお互いに向き合い、お囃子の競演が披露されます。およそ400年前の屋台は人力で進み方向転換します。

 

最終日『屋台の引廻し』『神輿の船渡し』『八幡様お宮お帰り』

      『屋台の引廻し』
・上本町・仲本町・下本町の屋台と出水区の山車が、街中を13時頃から22時頃まで引き廻され、お囃子が披露されます。

『神輿の船渡し』
     ・街を練り歩いた八幡神社の神輿が16時頃、勝浦漁港に到着します。16時30分頃に漁船数隻が岸壁に着けられ、船から船へと神輿が渡され、神輿を乗せた船と数隻の船が、漁港内と八幡岬の沖に浮かぶ平島を旋回します。

      『八幡様お宮お帰り』
      ・船渡し終了後の八幡神社の神輿が、勝浦漁港から朝市通りを抜け、遠見岬神社まで練り歩きます。
         見所は、18時頃に遠見岬神社までの区間を、上本町・仲本町・下本町の屋台と出水区の山車が静かなお囃子で出迎える場面です。